公開:2017-2-25 > 更新:2017-8-31 海外FX出金
Pocket

久しぶりにAxioryに米ドル口座から出金の申請をしたところ、「現在、米ドルでの出金ができません」という連絡があったんで、「マジか!?」と思いつつ、いろいろと知恵をしぼった結果、(手数料が大幅に安くなるかもしれない) ユーロ建ての出金方式を思いつき、試してみました。

 

axiory-client-portal-image

 

自分の場合、FX業者への入金からトレード、銀行預金まで基本的にぜんぶ米ドルなんで、FX業者からの (年に数回の) 出金も、米ドルでそのまま銀行の米ドル口座に送ってもらい、必要に応じて現地通貨に変換するっつー感じなんですが、こないだ、Axioryに数か月ぶりの出金申請をしたところ、

 

現在、ドル建ての口座から海外送金にてご出金手続き頂く場合、ドル建てでの送金が出来ない為、円建てでの送金か、ユーロ建てでの送金をお客様へ選択頂いております。

 

という返事が返ってきました。

 

たしか、前回の出金が去年の11月頃だったんですが、その時には問題なく米ドルで出金できてたんで、

 

「どういうこと?」

 

と思い、問い合わせてみたところ、

 

現在、EU圏内の銀行において、テロ対策並びにマネーロンダリングにおけるリスクを軽減する為、各金融機関提携の中継銀行においてドル建てでの送金を見合わせております。

 

各金融機関(銀行)が利用する中継銀行によって、規制レベルは異なるものの、ドル建てでの送金では無く、異なる通貨(ユーロや円建て)での送金が推奨されております関係上、推奨通貨(ユーロや円)にて送金をさせて頂いております。

 

という回答でした。

 

たしか、米ドルで国際送金をする時は、大手の米銀が中継銀行として介入して手数料をボったくることになってたはずなんで、アメリカが強権を発動してなにか規制をぶっ放したのかと思ったんですが、文面を見るかぎりは、世界的に中継銀行が米ドル送金を自粛してる感じになるんでしょうか。

 

そういえば、ネッテラーやスクリルは、ずいぶん前から米ドル送金ができなくなってたし、ちょっと前にユーチューブで見た池上彰さんの情報番組では、

 

「(テロ対策で) ヨーロッパから北アフリカにかけて米ドル送金の規制がメチャメチャ厳しくなっていて、代わりに急激にユーロを使った送金が増えている」

 

みたいなことを言ってたんで、世界的に米ドルの送金が厳しくなってきてるのかもしれませんが、実際のところ、なにがどうなってんのかは自分のような「はぐれノマド」には分かりません。

 

ただ、そんな地球規模の話よりなにより、自分的には、去年あたりから、いきなり送金手数料が急上昇してる方が深刻な問題でした。

 

具体的には、

 

  前々回 (2016年5月頃): 0.67% 

  前回 (2016年11月頃): 1.91%

 

と、半年ほどのあいだに手数料が一気に3倍ちかくに跳ね上がるという意味不明な状況で、各方面に「一体、どうなってるのか」という確認を入れたんですが、もれなく、

 

「中継銀行のオペレーションについては弊社ではどうすることもできません」

 

という回答で、正直、「どうしたものか…」と困りつつも、いい解決策が見つからない状況でした。

 

今回、Axioryから米ドルでの出金ができなくなり、(ただ、その分、両替手数料代わりとして数%を上乗せして出金してくれるみたいですが) 

 

「ここは、一度、真剣に対応を考えるべし!」

 

ということで、いろいろと調べながら自分なりに知恵をしぼった結果、あるアイデアがひらめきました。

 

こんな感じです。

 

  1. 1. icon-external-link Axiory にユーロ建ての取引口座を追加で開設
  2. 2. 出金したい金額をAxiory内で米ドル口座からユーロ口座に移して両替
  3. 3. Skrill (スクリル) にユーロ建ての口座を開設
  4.    ※現在、スクリルは日本居住者向けサービスを停止中

  5. 4. Axioryのユーロ口座からスクリルに出金
  6. 5. 出金先の銀行にユーロ口座を追加で開設 (マルチ通貨口座は問題なし)

6. スクリルから銀行へ出金

7. 各銀行でユーロから米ドルへ両替

 

これでいくと、パっと見は、

 

米ドル → ユーロ → 米ドル

 

という、不毛な両替が発生するんで、ものすげぇムダなコストがかかるように見えるんですが、送金にかかる手数料が、

 

  Axiory → スクリル = ゼロ

  スクリル → 銀行 = 5.5ユーロ

  銀行着金手数料 = 2~6.5ユーロ

 

となり、高くても合計12ユーロほどで済みます。 実際に金額を変えながら2回ほど出金を試みましたが手数料は同じでした。

 

残る問題は為替両替コストなんですが、まがりなりにも、FXトレーダーとして日々、チマナコになって情報を収集しつつチャートの分析をおこなってる身として、ユーロ・米ドルの流れというか方向性くらいは肌感覚で分かってないとヤバいんで、レートを見ながらタイミングを狙いすまして両替すれば、手数料どころか逆に差益を手にできる可能性もあります。

 

ちなみに、Neteller (ネッテラー) でも同じ流れで出金できるんですが、銀行への出金手数料が7.5ユーロと、スクリルよりも2ユーロほど高いのと、口座の通貨を米ドルからユーロに変換するために、一旦、口座を閉じてから新たに開かないといけないという手間もあり、結局、スクリルを利用することにしました。

 

ということで、この方式でしばらくやってみて、うまく機能するようだったら、あらためて、追記したいと思います。



LINEで送る
Pocket

 

お役立ち情報

海外・国内FX業者比較&使用感まとめ
公開:2014-6-17 > 更新:2017-10-13

FXトレード歴8年ほどになりますが、その間に国内・海外のFX業者を使い倒し、今も信頼できて使いやすい業者のサーチを続けています。そこで、今まで使ってきた会社について、国内と海外業者の違いや、海外FX口座の使い勝手などレビューしてみました。

...続きを読む
フォレックステスター3 導入後の使用感と提携割引価格について
公開:2017-6-27 > 更新:2017-9-28

トレード手法を検証するため、『ForexTester3 (フォレックス・テスター3)』 というソフトを導入したところ、予想以上に使いやすく、さらに、その後のメーカーとのやり取りで、提携割引価格を適用してもらえることになったので、そのあたりの経緯や詳細をまとめました。

...続きを読む

 

人気の記事

Axiory (アキシオリー) について
公開:2015-3-7 > 更新:2017-9-6

メインで使っていた豪業者が日本から撤退したため、約定力とスプレッドで評判の良い業者を比較検討し、最終的にAxioryに乗りかえました。その口座開設前に調べ上げた内容や、実際の使用感についてレビューしています。

...続きを読む
インターバンク直結方式 (NDD) の海外FX業者の見極め方
公開:2016-1-23 > 更新:2017-5-17

前回の記事で、FX業者の「NDD」方式が、さらに「ECN」と「STP」方式に分かれること、また、それぞれの特徴などについて書いたんですが、今回は、いかにトレーダー目線から「NDD」業者を見極めるかについてまとめました。

...続きを読む
Tradeview (トレードビュー) について
公開:2016-11-4 > 更新:2017-9-26

最近、あらたに、Tradeviewという短期トレードに活用できそうな、よさ気な業者を見つけ、さっそく乗りかえるべく口座を開いてトレードを開始したので、業者の特徴や口座開設にいたるサーチ結果詳細をまとめました。

...続きを読む
海外FX業者のリアルタイム・スプレッドを一覧リストで比較する方法
公開:2017-4-22 > 更新:2017-8-31

海外のFX業者のスプレッドは当然ながら業者によって異なるんですが、その各社のリアルタイム・スプレッドを一覧リストで比較してくれているベンリなサイトがあるんで、そのサイトの見方や使い方についてまとめました。

...続きを読む
海外FX口座からの出金履歴まとめ
公開:2017-8-5 > 更新:2017-9-26

「追い証がない」「レバレッジが高い」など魅力の多い海外FX口座ですが、「出金を拒否られる」という黒いウワサもあります。そこで、実際のところはどうなのか、これまでの出金履歴を一覧にしてまとめてみました。

...続きを読む

 

メルマガやってます

ブログ更新のお知らせや、セール情報などをお送りしています。

 

 

 

 

Facebookページもやってます

エッセイなどトレードに関係ないネタも投下中です。

※下の  このページに「いいね!」 をクリックすると更新情報が通知されます。

 

 

 

おすすめの関連記事

コメントは受け付けていません。