公開:2016-1-23 > 更新:2017-5-17 海外FX業者
Pocket

前回、FX業者の「NDD」方式が、さらに「ECN」と「STP」方式に分かれること、また、それぞれの特徴などについて書いたんですが、今回は、いかにしてトレーダーの目線から「NDD」業者を見極めるかについて書いてみます。

 

 

前回の、

 

  「NDD」業者の「ECN」と「STP」方式はナニが違うのか?)

 

のなかで、

 

「ウチはNDD方式なんでメッチャ透明っす」

 

といってるFX業者でも、注文がマジで市場に流されているかどうかは「なかのヒト」もしくは「カバー先」にしか分からないと書きました。

 

それでは、トレーダー側としては業者の言ってることをそのまま信じるしかないのかというと、いくつか確認する方法があります。

 

まず、「ECN」だの「STP」だのというからには、どこに注文を流しているのかを明らかにして始めて説得力があるワケですが、自信マンマンの「NDD」業者の場合、ホームページの目立つところに、ゴージャスな銀行のロゴを並べて、これみよがしに見せびらかしてます。

 

提携もしてないのに公式サイトでロゴを載せてたら、さすがに詐欺になるし、ロゴ先からもクレームが入るハズなんで、少なくともウソではないと思います。

 

もし、ホームページにそのへんの情報が載ってない場合は、

 

「LP (リクイディティ・プロバイダー) を教えてください」

「カバー先を教えてください」

 

という問い合わせをしてみると、はっきりします。

 

「開示できません」

 

みたいな返事だったら、トレーダー側としては、ホントに「NDD」業者なのかどうかの判断がつきません。

 

とは言え、現状では、そういうLPの情報を開示している業者は少数派で、自分の経験でも、今までいろんな業者に問い合わせても、ほとんど教えてもらえなかったんで、

 

 icon-angle-right 開示できない = ホントは「NDD」業者ではない

 

というワケではなく、

 

 icon-angle-right 開示してる = 安心感マックス

 

という感じではないかと思います。

 

また、別の確認方法としては、

 

「板情報を見ることができるかどうか」

 

というのもあります。

 

FX業者が実際に市場に注文を流してるんであれば、飛び交う売買注文にぶつけることになるんで、本来なら、株や先物と同じようにトレードの判断材料として「板情報」が開示されるべきだと思います。

 

ただし、この板情報を見ることができる業者となると、さらに少ないです。

 

そもそもMT4にはデフォルトで板情報の機能がついてないんで、EAかナニかのプログラムを提供してる業者でないと見ることができません。

 

それに対して、cTraderの場合は、最初からデフォルトの機能として板情報を見ることができるのが特徴のひとつなんで、業者に関係なく見ることができます。

 

実際の板情報はこんな感じです。

 

MT4 (Axiory)

 

※Axioryのホームページから「板情報EA」をダウンロード可能

 

  Axioryのホームページ (日本語)

 

cTrader (Tradeview)

 

※Tradeviewのホームページから「cTrader」をダウンロード可能

 

  Tradeviewのホームページ (日本語)

 

ちなみに、この板情報については、値動きが速すぎて、実際のトレードに活かすためには、野生動物なみの反射神経と、人並み外れたスキルが必要になりそうですが、それよりナニより、この情報が開示できるというところがポイントです。

 

ということで、「NDD」業者の見極め方について、思うところを書いてみました。

 

ただ、いくらフルスロットルで情報全開でも、サポートの対応が悪かったり、出金でトラブったりするようだったら、そんな業者は使えません。 

 

トレードの目的は、あくまで資産をブーストさせることなんで、結局のところ、「OTC」、「NDD」、「ECN」、「STP」といった方式の違いよりも、どれだけ自分のトレードスタイルとか性格に合ってるかということの方が大事になってくると思います。



LINEで送る
Pocket

 

お役立ち情報

dealing room_700x350
海外・国内FX業者比較&使用感まとめ
公開:2014-6-17 > 更新:2017-7-14

FXトレード歴8年ほどになりますが、その間に国内・海外のFX業者を使い倒し、今も信頼できて使いやすい業者のサーチを続けています。そこで、今まで使ってきた会社について、国内と海外業者の違いや、海外FX口座の使い勝手などレビューしてみました。

...続きを読む
forextester-image-jp
ForexTester3 (フォレックス・テスター3) 特別価格でのご紹介
公開:2017-6-27 > 更新:2017-7-15

トレード手法を検証するため、『フォレックス・テスター3』 というソフトを導入したところ、予想していた以上に使いやすく、さらに、その後のメーカーとのやり取りで、提携割引価格を適用してもらえることになったので、そのあたりの経緯や詳細をまとめました。

...続きを読む

 

人気の記事

myaxiory
Axiory (アキシオリー) について
公開:2015-3-7 > 更新:2017-7-14

メインで使っていた豪業者が日本から撤退したため、約定力とスプレッドで評判の良い業者を比較検討し、最終的にAxiory (アキシオリー) に乗りかえて取引を開始しました。その口座開設前に調べ上げた内容や、実際の使用感についてレビューしています。

...続きを読む
image
インターバンク直結方式 (NDD) の海外FX業者の見極め方
公開:2016-1-23 > 更新:2017-5-17

前回の記事で、FX業者の「NDD」方式が、さらに「ECN」と「STP」方式に分かれること、また、それぞれの特徴などについて書いたんですが、今回は、いかにトレーダー目線から「NDD」業者を見極めるかについてまとめました。

...続きを読む
image
「タートル流投資の魔術」を試してみた結果…
公開:2016-3-5 > 更新:2017-5-24

以前、伝説の投資家集団の「タートルズ」が使っていたトレード手法が書いてある本を読んで、そっくりそのままマネしてみたことがあるんですが、今回は、その時の結果がどうなったかについて書きました。

...続きを読む
tradeview-header-image
Tradeview (トレードビュー) について
公開:2016-11-4 > 更新:2017-5-31

短期トレードで活用してるcTrader (シートレーダー) ですが、最近、あらたに「Tradeview」という、よさ気な業者を見つけ、乗りかえるべく口座を開設したので、業者の特徴や、口座開設にいたるサーチ結果詳細をまとめました。

...続きを読む
personal-trader-image2_700x350
海外FX口座の選び方 – 手数料あり口座 vs なし口座の比較・違いと活用方法
公開:2017-4-29 > 更新:2017-7-15

海外FX口座には、「手数料あり」「手数料なし」「スワップなし」など、いろんな種類の口座があり、どれを選べばいいのか分かりにくいです。そこで、トレード・スタイルに応じた最適な口座タイプを検証してみました。

...続きを読む

 

メルマガやってます

ブログ更新のお知らせや、情報集めに使ってるネタ、ブログでは書きにくいグチなどを書いてます。

 

 

 

 

Facebookページもやってます

海外移住ネタや、エッセイなどトレードと関係ない独自ネタも投下中です。

※下の「このページにいいね」をクリックすると更新情報が通知されるようになります。

 

 

 

おすすめの関連記事

コメントは受け付けていません。