おススメ投資書籍

 

 

「マーケットの魔術師」&「新マーケットの魔術師
(ジャック・D・シュワッガー著)

 

 

日本のメディアでも何かとよく取り上げられるジム・ロジャースさんですが、初めてテレビで見たときには、

 

「マジ! バイクで世界一周しないとトレードで勝利できないの?」

 

などと思ったものです。

 

この本では、ジムさんがいかに高学歴なエリート人間で、投資手法(自身は自分のことをトレーダーではなく、投資家だと言っている)が独特なものか、他の成功したトレーダーと違うのか-はっきり言うとどんだけ変わっているのか-ということが紹介されていて安心しました。

 

他にも、タートルズを成功させた、リチャード・デニスと、ウィリアム・エックハート

 ※ちなみにタートルズとは、2人が「トレーダーを育てることは可能か否か」という賭けのために作ったトレーダー養成塾で、参加者ほとんど全員がトレード未経験者だったにもかかわらず、たった2週間の研修の後、驚異的なリターンを上げた伝説の集団

 

ジョージ・ソロスと一緒に働いた、スタンレー・ドラッケンミラー

ナンバーワン短期トレーダーといわれる、リンダ・ラシュキ

 

などなど2冊合わせて総勢37人の大物トレーダーについて、

 

  マーケットに興味を持つようになったきっかけ

  過去の最悪の失敗と学んだこと

  自分が構築したトレード手法

  トレードで成功をつかむカギになった自分の資質

  トレードで大半の人が犯す間違いとは

 

といった内容のインタビューがまとめられてます。

 

なんとなく聞いたことがあるすごい人たちが、いかにして大物トレーダーになっていったのかを知ることができて面白いです。

 

著者自身もその方面では有名なトレーダーらしく、インタビュー内容もしっかりと的を得てますし、自分にはさっぱり意味が分からない統計学的な内容も分かりやすく説明してくれてます。

 

あと、日本語訳が良いんで英語本にありがちな分かりにくい表現が全くありませんでした。

 

それぞれ1989年、1999年の出版で決して新しくないですが、その分、人間のやることは変わらないなぁと実感できます。

 

自分は、気に入った人の部分に付箋を貼って、フト思い出した時に読み直してます。

 

この本はあちこちで紹介されてますし、AMAZONいわく、

 

「本書を読まずして、投資をすることなかれ」とは世界的なトップトレーダーがみんな口をそろえて言う「投資業界での常識」である!

 

ということらしいので、まだ読んでいない方は是非一読をおススメします。

 

 

マーケットの魔術師                     新マーケットの魔術師

  マーケットの魔術師                      新マーケットの魔術師



LINEで送る
Pocket