公開:2015-8-1 > 更新:2017-7-6 トレード・スキル・アップ
Pocket

海外のFX業者を使うメリットといわれる「ハイレバレッジ」ですが、先日、「レバレッジがよく分からない」というご質問があったんで、証拠金取引を始めた頃を思い返しつつ、「ハイレバレッジ」のメリットとデメリットについてまとめてみました。

 

 

自分の場合、海外のFX業者を使い始めたきっかけが、このレバレッジの問題だったワケですが (関連記事) 、

 

「そーいえば、証拠金取引を始めた頃はレバレッジとかよく分からなかったな…」

 

と思い、改めて、レバレッジについて考えてみました。

 

ちまたの解説では、よく、

 

「レバレッジ = てこの原理」

 

とか書いてますが、まったく具体的なイメージがわかないんで、実際のトレードの局面で考えていきます。

 

まず、日本で上限が規制されてる25倍のレバレッジだった場合、

 

米ドル / 円を1ロット (約1240万円) 取引したい場合に証拠金がいくら必要になるかというと、

 

1240万円×4% (1÷25=0.04) = 49万6000円

 

となり、約50万円をFX業者に入金しないと取引できません。

 

これが100倍のレバレッジになると、

 

1240万円×1% (1÷100=0.01) = 12万4000円

 

でOKです。

 

さらに、500倍のレバレッジになると、

 

1240万円×0.2% (1÷500=0.002) = 2万4800円

 

でOKになります。

 

トリプルA格付けの世界的な銀行なら安心かもしれないですが、FX業者の場合、どんだけ大手でも、万一の危険性を考えると、預けるカネはできるだけ少なくしたいところです。

 

その意味では、ハイレバレッジだと同じポジションを建てんのに圧倒的に少ない金額で大丈夫なんでメリットがあります。

 

あと、ローレバレッジだと、 (投資資金にもよりますが) 一度にたくさんのポジションを建てんのがムズカシイですが、ハイレバレッジだと問題ありません。

 

次に、ハイレバレッジの危険性について考えてみます。

 

例えば、レバレッジの上限が500倍だとすると、1ロット (約1240万円) 分の米ドルを取引すんのに、最少で2万4800円を入金すればOKでした。

 

これは、取引額の0.2%ですが、もし、このぎりぎりの証拠金でフルレバレッジの取引を敢行した場合、運良くオモワクの方向に動いてくれれば一気に証拠金の数倍のリターンをゲットできますが、運悪く逆方向に動いた場合、0.2%の値動きで証拠金がふっ飛びます。

 

0.2%の値動きとは、例えば1ドル = 123.00円だったら、0.246円です。

 

ようするに、123.00円 → 122.754円 (-24.6p) まで逆行したら終了です。

 

こんなもん一瞬です。

 

さらに、指標ショックで一気に40pとか逆行し、業者の強制ロスカットが間に合わないと、口座残高がマイナスになります。

 

このマイナス分を請求されるんのが、いわゆる「追い証」です。

 

ハイレバレッジだと、少ないカネでデカイポジションを持てる (業者に預けるカネが少なくてすむ) のがメリットですが、逆にいうと、口座残高に余裕がない分「ほにゃららショック」で一気にマイナスになって、追い証が発生しやすくなります。

 

なので、特にハイレバレッジ取引の場合には、追い証の有無が重要になってきます。

 

ただ、「資金管理」の面から考えると、最少証拠金でフルレバレッジ取引とかいうリスクの取り方はありえません。

 

例えば、投資資金が1000万円あるとして、トレードあたりのリスクを1%とする場合、

 

1000万円×1% = 10万円

 

のカネを業者に預けとかないと、設定した損切りポイントまで届く前に口座残高がなくなります。

※スリッページとか、瞬間風速によるオーバーシュートを考えると2~3倍は必要

 

たいていの場合、エントリーした後、紆余曲折があって利食いにたどり着くんで、途中退場だと手法が機能しません。

 

まとめると、

 

「レバレッジとは関係なく、自分のトレードルールで設定した損切りに必要な金額をFX業者の口座に入金しとかないといけない。 ただし、ローレバレッジの場合、投資資金額 (トレードあたりのリスク額) によっては、この必要な金額以上のムダなカネを預けないといけないので、ハイレバレッジの方が不必要な制限がなくトレードがやりやすい」

 

ということになるんじゃないかと思います。

 

関連記事 icon-angle-double-right 海外FXはハイレバなのでキケン?



LINEで送る
Pocket

 

お役立ち情報

dealing room_700x350
海外・国内FX業者比較&使用感まとめ
公開:2014-6-17 > 更新:2017-7-14

FXトレード歴8年ほどになりますが、その間に国内・海外のFX業者を使い倒し、今も信頼できて使いやすい業者のサーチを続けています。そこで、今まで使ってきた会社について、国内と海外業者の違いや、海外FX口座の使い勝手などレビューしてみました。

...続きを読む
forextester-image-jp
ForexTester3 (フォレックス・テスター3) 特別価格でのご紹介
公開:2017-6-27 > 更新:2017-7-15

トレード手法を検証するため、『フォレックス・テスター3』 というソフトを導入したところ、予想していた以上に使いやすく、さらに、その後のメーカーとのやり取りで、提携割引価格を適用してもらえることになったので、そのあたりの経緯や詳細をまとめました。

...続きを読む

 

人気の記事

myaxiory
Axiory (アキシオリー) について
公開:2015-3-7 > 更新:2017-7-14

メインで使っていた豪業者が日本から撤退したため、約定力とスプレッドで評判の良い業者を比較検討し、最終的にAxiory (アキシオリー) に乗りかえて取引を開始しました。その口座開設前に調べ上げた内容や、実際の使用感についてレビューしています。

...続きを読む
image
インターバンク直結方式 (NDD) の海外FX業者の見極め方
公開:2016-1-23 > 更新:2017-5-17

前回の記事で、FX業者の「NDD」方式が、さらに「ECN」と「STP」方式に分かれること、また、それぞれの特徴などについて書いたんですが、今回は、いかにトレーダー目線から「NDD」業者を見極めるかについてまとめました。

...続きを読む
image
「タートル流投資の魔術」を試してみた結果…
公開:2016-3-5 > 更新:2017-5-24

以前、伝説の投資家集団の「タートルズ」が使っていたトレード手法が書いてある本を読んで、そっくりそのままマネしてみたことがあるんですが、今回は、その時の結果がどうなったかについて書きました。

...続きを読む
tradeview-header-image
Tradeview (トレードビュー) について
公開:2016-11-4 > 更新:2017-5-31

短期トレードで活用してるcTrader (シートレーダー) ですが、最近、あらたに「Tradeview」という、よさ気な業者を見つけ、乗りかえるべく口座を開設したので、業者の特徴や、口座開設にいたるサーチ結果詳細をまとめました。

...続きを読む
personal-trader-image2_700x350
海外FX口座の選び方 – 手数料あり口座 vs なし口座の比較・違いと活用方法
公開:2017-4-29 > 更新:2017-7-15

海外FX口座には、「手数料あり」「手数料なし」「スワップなし」など、いろんな種類の口座があり、どれを選べばいいのか分かりにくいです。そこで、トレード・スタイルに応じた最適な口座タイプを検証してみました。

...続きを読む

 

メルマガやってます

ブログ更新のお知らせや、情報集めに使ってるネタ、ブログでは書きにくいグチなどを書いてます。

 

 

 

 

Facebookページもやってます

海外移住ネタや、エッセイなどトレードと関係ない独自ネタも投下中です。

※下の「このページにいいね」をクリックすると更新情報が通知されるようになります。

 

 

 

おすすめの関連記事

コメントは受け付けていません。